ayatorikannaa.jpg
ubankome1c - コピー.jpg
setu1.jpg
ubankome2 - コピー.jpg
setu2.jpg
ubankome3 - コピー.jpg
setu3.jpg
ubankome5.jpg
setu4.jpg
ubankome3c.jpg
setu10.jpg
ubankomsfd.jpg
setu8.jpg
ubankome6.jpg
setu5.jpg
ubankomesgaas.jpg
setu11.jpg
ubankomegfds.jpg
setu12.jpg
ubankome5cfsafds.jpg
setu9.jpg
detail_12182_15998113920101.jpg
setu13.jpg
ubankome5cfsd.jpg
setu7.jpg
ubankome5cfsa.jpg
setu6.jpg
hdfsdjhsdhjgdf.jpg

通常財布を作る時は、各パーツを縫製するかカシメという金具やボタンホックで製作するのが一般的です。

もちろん当ブランドもモデルによっては、その様な技法で製作致します。

アヤトリウォレットは、ほぼ主要な部分はゴムによって構成されております。

通常の方法で財布を作ると、内容物の許容範囲が狭まります。

例えば差込み式のカード入れは、スリットが3箇所あった場合、基本的には3枚を収納します。

革が馴染んできたら2枚ずつスリットに入るかも知れませんが、再び1枚だけ入れた場合革が伸びてしまい緩くなってしまいます。

革は馴染んでくれば伸びはしますが、通常の使い方だと縮む事はありません。

ゴムで構成されたアヤトリウォレットは、カード入れ部の許容範囲は、1枚から10枚以上とかなり幅が広くなっております。

サイドのメインのマチがゴムと連動するので、お札入れや小銭入れも同様に許容範囲広くなります。

ゴムは当たり前ですが、伸びたり縮んだりするので許容範囲の壁を簡単に超える事ができます。

また、ゴムはユーザー様が簡単に交換できる事もメリットです。

縫製のほつれや金具の交換などは専用の工具ないと出来ません。

この素晴らしいゴムで組み立てるアイデアとデザインを守る為に意匠権を申請致しました。

今後も他の製品でも度々現れるであろう「ゴム」という素材の可能性を模索する日々です。